1. HOME
  2. お店をカスタマイズ
  3. 機能をカスタマイズ
  4. カートに入れるボタンをフリーページに設置するカスタマイズテクニック

カートに入れるボタンをフリーページに設置するカスタマイズテクニック

  • 更新日:-

フリーページにカートボタンを置けたらいいなぁなんて思いませんか?

例えば・・・季節の商品を売り出すために特集ページをフリーページに作るケース

この場合、通常であれば商品はこちらなどといったという感じで商品詳細ページへの誘導が必要です。
しかし、フリーページにカートボタンを設置できればそのままカートに入れられ、商品詳細ページの誘導の必要がなくなりお客さんの手間も省け購入率UP!?

といった感じになるのです。どうですか?フリーページに設置したくなったでしょ?

今回はそんなカラーミーショップのフリーページでカートに入れるボタンを設置する方法をご紹介します。

カートに入れるための魔法のタグ

商品詳細画面でカートに入れるボタンをためには必ず「<{$product.info}>」が必要です。

現在お使いのテンプレートにも絶対に記述されています。ただし、このタグを設置したからと言って画面上に表示されるわけでもありません。

このタグは、商品をカートに入れるための情報がこっそりと見えないように追加される魔法のタグなのです。

フリーページでは、この魔法のタグがつかえないために、カートに入れるボタンを設置したけど動かないということになるのです。

じゃあ魔法のタグの中身を直接記述すればいいじゃん・・・・・・・・・・・その通りです。

魔法のタグの中身を記述してボタンを設置する

魔法タグ<{$product.info}>の中身はこんな感じになっています。

上記コードを自分のネットショップに合わせて次のように変更してください。

7行目 ショップID
カラーミーショップ管理画面のオーナー情報に記載されている【アカウントID】です
8行目 商品ID
カラーミーショップ管理画面の商品検索・変更に記載されている【商品ID】です。
9行目 ショップID
6行目同様のショップIDをタグ内に記述してください。
10行目 カートページの戻るのリンク先
フリーページのリンク<{$free1_link}>がおすすめです。数字は使用しているフリーページに合わせて変更してください。

 

これでフリーページでもカートに入れるボタンが正しく動作します。※オプションが付いている商品に対しては使えませんのでご注意ください。

フリーページ以外にも使えるので、使い方次第では色々できそうですね。

まとめ

この方法の場合、手動で一つ一つ商品IDなどを書き換えなければいけないため、たくさん商品を載せたい場合には少々厳しいかもしれません。

ですが、最初の例に挙げたように、ランディングページのような商品を紹介するようなページには使えると思います。

ぜひ機会があればやってみてください。